避けるべきキャッシングの目的

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

不当な目的でのキャッシングの危険性

キャッシングの別名はフリーローンというものです。
読んで字の如く、意味は自由なローンであり、使い道を一切制限されない融資金のことです。

 

通常のローンは使い道が制限されています。例えば住宅ローンは住宅購入のためのローンですし、奨学金は学費のためのローンです。それとは違ってキャッシングは何を目的として使ってもいいローンです。

 

その自由度の高さと引き換えに、
使用目的を定められたローンよりも金利が高いというデメリットも併せ持っています。

 

キャッシングをする前によく考えて

キャッシングを利用する人の約3割が、生活費の補填のために借入れを行っているというデータがありますが、これは危険な事です。収入を増やせばキャッシングをする必要はなくなりますが、収入はそう簡単に増えるものではありません。絶対的に収入が足りていない状況で毎月お金を借りていけば、将来的に返済困難に陥る事は目に見えています。そのようなときには初めから借りてはいけません。

 

また、給料が毎月足りないから少しずつキャッシングをし、賞与で一気に返済すればいいと思っている人も居るかもしれませんが、そのような方法はちょっとしたトラブルによる出費で簡単に破綻してしまいます。

 

このような人に残された道は、ライフプランを見直して不要な出費を削って行く事で収支をすこしでもバランスの取れたものに近づけることです。生活費の補填を目的としたキャッシングはNGです。

 

こんな目的のためにキャッシングしてはいけない

キャッシングをする前には、必ずキャッシングの目的を確認して下さい。それもキャッシングのための大切な準備です。そして以下の項目に当てはまる場合には利用しないほうが無難です。

ギャンブル目的・・・

数ある娯楽の中でも、ギャンブルは最も出費の大きな娯楽です。キャッシングをしてまでギャンブルにおぼれるようでは、まともな生活を遅れなくなる事は目に見えています。ギャンブルは収入の中で得た余剰資金で行うのが鉄則です。

 

娯楽目的・・・

健全な娯楽は、収入の範囲内で楽しむものです。同じ娯楽と言っても夜遊びや酒代などの遊びのためにキャッシングをするのはいけません。その他の交友費においてキャッシングの必要に迫られたときにも、金銭的に無理が生じた場合には断る事です。

 

贅沢目的・・・

ちょっとした贅沢というのは、収支のバランスを考えた上で生じた余剰資金で行うものです。度が過ぎた身分不相応な贅沢によってキャッシングを行うのは借金地獄への一歩になりえます。

 

 以上が必ず避けるべきキャッシングの目的です。