特定調停の基礎知識

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

特定調停とは

特定調停は、債務者本人が申立人となり、借金の軽減のために債権者を相手取って簡易裁判所に申し立てることです。とはいっても債務者によほどの知識や交渉力がなければ交渉が上手くいくわけはありませんので、特定調停を行って借金地獄から抜け出したという話は余り聞きません。

 

任意整理に似ている

特定調停での債務整理は、任意整理を一人で行ったケースにも似ています。交渉する内容は利息のカットや返済金額の減額、過払い金の返還請求などを交渉します。交渉が成立したならば、残った借金は返済契約として定めた返済計画に沿って返済して行く事になり、その間は利息もカットされます。

 

特定調停の特徴

費用の安さ

ただし、強制力が弱いため、相手業者が交渉に応じない場合には交渉ができず、したがって調停も成立しません。また、調停が成立して返済計画をたてたならば、それは必ず守られなければなりません。

 

特定調停は簡易裁判所という公的機関を通して成立しているため、
成立した内容に強制力を持つためです。返済契約の内容を破ったり、
支払が遅れた場合には、債権者は財産の差し押さえなどを行う事ができます。

 

過払い金が返還されない

また、特定調停では過払い金が返還されないことが多いので、特定調停の期間内に変換を受けることができなければ、後日改めて過払い金返還の請求を行う必要があります。これでは二度手間となってしまいます。過払い金が発生している事がわかれば、初めから任意整理をおこない、弁護士と共に整理を行っていくのがいいでしょう。

 

特定調停では全ての手続きや書類作成を自分で行う必要があるので、そこがもっとも大きな問題です。普通の人は弁護士を通して任意整理を行うほうが無難です。