多重債務者の対策について

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

多重債務にならない為に

さて、前項でサラリーマンAさんの例をもとにして、多重債務がいかに返済に苦労を強いられるか、
あるいは返済困難となってしまうのかということを学びました。

 

キャッシングを考えるならば、
多重債務だけはなんとしても避けるべきだということは今まで以上によく分った事と思います。
それではここでは、その恐怖の多重債務に陥らないための方法について学んで行く事とします。

 

多重債務に陥らないためには、複数の借入れをしないこと

さて、多重債務とは多くの場合、借金返済困難に陥ったとき、借金返済のためのお金を、別の業者から借金をしてまかなうということで陥る事が多いものです。これを「自転車操業」などといいます。

 

自転車操業とは、どこからかお金を借りてきて返済にあてる事によって、
何とか辛うじて生活を続けて行く事を指します。
自転車はこぎつづけなければ倒れてしまいますから、それに例えて自転車操業といったのです。

 

この多重債務の根本原因を見据えるならば、多重債務者にならないための方法は、複数業者から借入れをしないということです。至極当たり前の事ですが、これしか方法はありません。自転車操業を繰り返していくと、持ちこたえられるのは数ヶ月のうちだけで、借金はいつの間にか複利方式で膨れ上がっていき、気付いたころには取り返しの付かない事になっていることでしょう。

 

借金地獄に陥る可能性も

ましてや昨今は不景気です。アベノミクスによって株価は伸び、円の価値も高くなり、景気は好調という明るい話題も多いですが、雇用の機会が増えたとか、給料がアップしたとか、働く個人に対する明るい話題はまだまだありません。

 

収入が増える見込みはまだ無く、むしろ減る危険性さえある昨今です。借金を繰り返して多重債務に陥り、なおかつ収入が増える見込みもないというのでは、返済の見通しはたたず、長期間にわたって借金地獄を味わい続ける事となります。

 

最終的には返済ができなくなり、遅延損害金によって借金は以上に膨れ上がり、遅延損害金や利息分のみを支払っても追いつかない状態になりかねません。そうして生活がままならなくなり、とにかくお金が手に入れば何でもいいというように麻痺してしまい、違法性のある闇金融業者などに手を出してしまいます。これが真の借金地獄の実体です。

 

多重債務の打開策

しかし、もしそのような状況に陥ってしまったならば、
おまとめローンによってローンを一本化するのが最もいい方法です。

 

おまとめローンとは?

例えば、3件の業者からそれぞれ50万円ずつ借入れをしていたならば、1件の業者で150万円の借金に借り換えるのです。合計金額は変わらないじゃないかと思うかもしれませんが、一本化を受け入れてくれる業者は低金利に設定されているため、毎月の返済は非常にラクになります。

 

また3件から借入れをしている状況から1件の実から借入れしている状態になる事によって、
とりあえず多重債務ではなくなります。これは非常に有効な手段です。

 

そのほか、確実にまとまった収入が近日中に得られるけれども、明日お金が必要だというような場合には、身内から一時的に借りるのが最も安全な方法でしょう。きちんと返す事さえできれば信頼関係は崩れませんし、一時期だけでも多重債務になるよりははるかにましな方法でしょう。

 

まとめると、多重債務にならないためには、複数業者から借りないという根本的なことこそ大切です。そして、もし多重債務を抱えてしまったならば、それができるだけ膨らまないうちにおまとめローンで複数の借り入れを一本化し、着実に返済して行く事です。

 

そしておまとめローンもできないほどの莫大な借金を抱えてしまったならば、バンザイです。
つまり債務整理をしてしまって、良いも悪いもすべて白紙に戻してしまうのも方法の一つです。