借金返済4つのポイント

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

借金返済のコツとは?

キャッシングと上手く付き合っていくためには、きちんと返済していくという事です。

 

それさえできれば、なにも恐れることはありません。それができない人が、自分の返済能力でカバーできない額を借り入れてしまったり、借金返済のための借金をしたりすることによって、借金地獄へと転落していくのです。

 

借金返済のコツを知っておきましょう。コツといえばなにか素晴しいテクニックのように思えますが、誰でも知っているような基本的なことです。基本に忠実な態度というのはどんな事をするときにも大切な事です。借金返済にも同じことが言えます。

 

金利を考える

その基本とは「できるだけ金利を支払わずに元金を減らしていく」ということです。
この観点から見て、もし複数業者から借り入れをしており、
返済期日までに全ての業者に返済するのが難しくなったときにはどれかを後回しにするほかありません。

 

そのようなときには、できるだけ金利が安く済む業者を後回しにしていくべきです。そのためにはまず全ての業者の金利や遅延損害金を調べ、金利や遅延損害金が高い業者から優先的に返済していきましょう。高金利の業者を後回しにするか先に払うかで支払う利息には当然差が出るものです。

 

最低返済額だけを払っていくのは損をする

さて、毎月の返済の方法ですが、まず利息の支払いをし、それにプラスした金額が元金に充当される事となります。非常に大雑把な例ではありますが、例えば利息が6000円のときに12000円を支払ったならば、まずその中から利息分が支払われ、残った6000円が元金の返済に充てられるという事です。

 

最低支払額が設けられているので若干の差異はあるものの、大体においてこのような方法で返済が行われていきます。もし支払いが遅れたならば遅延損害金が発生しますが、このときには支払いの際にはまず支払い総額の中から遅延損害金が差し引かれ、続いて利息、元金を充てられていきます。

 

ここがキャッシングの落とし穴なのですが、毎月の最低返済額を見ると1万数千円くらいのもので、それほど多額には感じません。しかし毎月最低支払い金額を支払い続けたならば、非常に長期間支払い続ける事になってしまい、最終的に支払う総額は非常に高くついてしまいます。どれくらい高いかというと、あらゆる返済方式の中で一番高いほどです。

 

返済計画の立て方

そうなってしまわないためには、しっかりとした返済計画をたてて、
できるだけ短期間で返済してしまうという事です。そのために、返済計画の立て方を学びましょう。
返済方法には一括返済と分割返済の2種類の方法があります。小額であって一括で返済できる金額であるならば、無駄な利息を支払わないためにもできるだけ一括で支払ってしまいましょう。

 

分割返済の計画

それができなければ分割返済になりますが、このときには毎月いくら返済し、何回で完済するということをキャッシングをする前に必ず考えて置くようにしましょう。また、ボーナスを期待しての返済計画は非現実的なものですから、ボーナスはあらかじめないものとして考えるようにしましょう。不景気な昨今、ボーナスがカットされるという事も十分に考えられるのです。

 

毎月の返済金額を決めるためには、自分の毎月の収入から生活のために必ず必要となる固定費を差し引き、毎月はたしていくらくらいの額が自由に使えるのかを計算しておきましょう。ここがしっかりしておかなければ返済計画を立てることはできません。固定費の計算はしっかりとしておきましょう。

 

参考までに固定費の計算方法ですが、固定費のなかには衣食住の費用のみではなく、携帯電話料金や保険料、毎月支払っているローン(車や住宅のローン)を必ず組み込んで考えるようにしましょう。上述の通り、ボーナスに関してはないものとして考え、計画には組み込みません。残業代にしてもそうです。これらはもし入ればラッキーな臨時収入と考えて、もし入ったときには繰り上げ返済に充てるのがいいでしょう。

 

消費者金融に得をさせない

上述の通り、消費者金融の手口は、最低返済額に近い金額を毎月支払わせる事によって、
できるだけ長い間利息を取り続けるということです。

 

この手口に引っかからない方法は簡単で、ずっと述べてきたとおり、繰り上げて返済して行く事で、返済期間を短くするということです。これを実践すれば借金に煩わせられる期間も短くなっていいこと尽くめです。

 

借金で失敗をしないためには、きちんとした返済計画を元に、
できるだけ短期間で返済をするということなのです。