女性向けキャッシングとは?

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

女性向けキャッシングとは

キャッシングの種類はいくつかに分けられますが、
そのなかでも女性向けキャッシングというものがあります。

 

このキャッシングはその名の通り女性を対象としたキャッシングであり、様々な工夫の元にサービスが提供されています。女性がキャッシングを選ぶ基準として大きなものは、女性は借金のことを人に知られたくないと強く思っているということがあります。

 

これは男性が他人に知られたくないと思うより、強くそう思っています。そのため、
キャッシングを利用する際には、女性にとってその部分に関する不安が大きかったのです。

 

女性向けサービスの展開

最近ではそのような女性のために、様々な安心のための工夫を施した、
女性向けのサービスを展開する金融業者が増えました。

 

女性顧客の増加も、経営戦略の中で大きなウェイトを占めるようになってきているのです。

 

安心のための工夫とはどのようなものかといえば、申し込みに対応するのは全て女性のオペレーターにしたり、女性専用の窓口を設けることで対応しています。

 

たったこれだけのことですが、これらの些細な工夫が女性に与える安心感は大きいようです。
事実、このような戦略を背景として、女性がキャッシングを利用する割合は、
女性全体の25%以上にものぼっています。

 

変化する女性向けキャッシング

女性にとっては、男性にはない様々な出費があるものです。
おしゃれ、化粧品、趣味、旅行、エステ、ダイエットなど、女性特有のお金の使い方も含めて、様々な出費があります。さらに男女の平等化が進むにつれて働く女性が増加し、自立した女性がちょっとした出費を工面するために利用するというケースも増えています。

 

このように女性がキャッシングを利用する際、最も多い基準は家族に内緒で借りられるか、専業主婦でも借りられるか、安心して借りることができるか、申し込みやすい雰囲気か、などが重視されます。

 

このうち「専業主婦でも借りられるか」ということですが、これは貸金業法が改正されて総量規制(年収の3分の1以下しか借りられないという定め)によって、主婦でも何らかの形で収入がなければ借り入れはできないこととなっています。

 

また、申し込み方法にも変化がありました。最近ではキャッシング会社の多くがインターネットによる申し込みを受け付けているのです。インターネットで申し込む事によって、旦那や家族といった、キャッシングを知られない女性にとって、便利に申し込みができるようになったのです。

 

このように人に会わずに手軽にキャッシングを申し込めるようになった事も、
女性のキャッシング利用を拡大させる要因となっています。

 

女性向けキャッシングのイメージ

女性にとっては、キャッシングには色々な不安が伴うものです。
業者からしてみれば、このように「借りたいけれど不安で借りられない」という女性は大きなターゲットとなります。そこに目をつけ、キャッシングに対する不安を取り除いて顧客に取り入れようとしたのが女性向けキャッシングです。

 

それだけに、利息などの条件面で女性を優遇するほか、スタッフを全て女性にするなどして安心感を出しています。そのような努力の結果、業界に対するイメージは格段によくなっています。