銀行キャッシングの金利・審査・融資

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

銀行系キャッシングとは?

キャッシングには大きく分けて消費者金融系、銀行系、信販系の3系統に分けることができます。
それぞれ特徴をもっていますが、キャッシングの条件の中でも金利を優先するのであれば、
銀行系のキャッシングが最も向いているでしょう。

 

銀行系のキャッシングは、ほとんどが低金利をアピールポイントとしています。
そして、運営しているのが銀行を親会社とする業者ですから、信頼もあります。
金利の安さと安心感から、多くの人に支持されているのです。

 

しかし、いくら安心感があるとはいえ、お金を借りる事には変わりないのですから、
銀行系キャッシングを利用するにしてもその内容はしっかりと把握しておくべきです。

 

提携先が多い事

銀行系キャッシングの利点は、金利が安いという事のほかにも、提携先が多くて何かと便利な事が挙げられます。借金をするときには、借入れの際や返済の際の利便性は、案外重要となってくるものです。

 

お金が本当に必要なときに借りる事ができ、返したいタイミングで返済ができるというのがキャッシングのメリットなのです。そこで、銀行系キャッシングの強みが発揮されるわけです。

 

全国の提携ATMでキャッシングサービスを利用できる場合がほとんどであり、
母体となっている銀行のATMはもちろんのこと、
そのほかの全国の銀行やコンビニATMなどで利用することができます。

 

コンビニであれば24時間営業であり、全国のどこにでもある施設なので、
借入れや返済のときの利便性は非常に大きいといえます。

 

金利・審査時間・融資

キャッシングを初めて利用する場合には、借入先の選び方はよくわきまえなければなりません。
金利、審査時間、融資までの時間、融資限度額などの諸条件が、
自分の目的にあっている借入先を選ぶ必要があります。

 

したがって、銀行系キャッシングで融資を申し込む際にも、自分の目的にあっているかどうかを考える事は重要な事です。諸条件を順に見ていくと、金利は低めで良心的な設定となっています。しかし、審査は比較的厳しく、審査時間も長めになります。したがって、融資までの時間もそれなりにかかるものの、銀行系キャッシングは消費者金融系や信販系に比べて貸付限度額が百万円〜五百万円ほど借りられることが多いです。

 

最近では都市銀行や地方銀行でも、口座開設の際に通帳にキャッシング機能をつけている銀行が多く、様々な特典を受けることができるものです。銀行系キャッシングのサービスは、口座開設のときに申し込んでおくのが最も手間がかからず、便利に使うことができるでしょう。