自己破産のメリット・デメリット

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

自己破産のメリット・デメリット

借金を全てゼロにして再出発ができるということは、これまで余りに多額の借金を抱えて苦しみあえいできた人にとってはまさに生き返る思いのすることでしょう。ただし、自己破産にはデメリットも存在することを知っておきましょう。

 

自己破産のメリット

自己破産のメリットはいうまでも無く、借金が帳消しになるということです。

 

弁護士に依頼をしたならば、今までどれほど強烈な取立てがあり、日々悩まされていたとしても、全ての取立てはストップします。多重債務の苦しみや取立ての恐怖から解放され、安心して眠る事ができるようになるということも、大きなメリットでしょう。

 

自己破産のデメリット

自己破産はそのほかの債務整理とは違って、借金を完全にゼロにすることができます。
そのためにはデメリットも伴います。

 

財産がなくなる

何度か言ったとおり、自分の財産も手放す事によって、真の意味でゼロから始まる事です。

 

破産者名簿に掲載

官報と、本籍地の破産者名簿に一定期間掲載される事です。
しかし、官報や破産者名簿を一般の人が閲覧することはないため、あまり気にする必要は無いでしょう。

 

ブラックリストに掲載

自己破産をした場合には、自己破産をしたことが信用情報機関にブラックリストとして乗ってしまうため、自己破産後の7年間は新たな借入ができなくなり、ローンを組んだりする事もできなくなります。

 

ある人は資格を失う可能性

自己破産した人に対しては、弁護士、司法書士、税理士、保険外交員、証券外交員などの資格を失うという事です。しかしこれは多くの人には無関係な事ですし、免責許可が下りた時点で、これらは復権されます。

 

保証人が肩代わり

もっとも悩ましい問題ですが、それは、債務者は確かに自己破産を行うことによって借金から解放されるかもしれませんが、自己破産は保証人に対してなんらフォローがないのです。

 

つまり、借金の際に誰かに保証人になってもらっていたならば、債務者に借金返済の義務がなくなるかわりに、保証人は債務者に代わって返済の義務が生じる事となります。このため、自己破産をするときに保証人としっかり相談しておかなければ、後で思わぬトラブルと引き起こしかねません。

 

 

自己破産をした人は、借金を帳消しにすることで貸した側や保証人、その他の人々に多くの迷惑をかけることとなります。様々な迷惑をかけた上で、「再スタートを切らせていただく」のです。二度と同じまり外を犯さないという事を、硬く心に誓わなければなりません。