自己破産の基礎知識

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

自己破産の基礎知識

自己破産とは

自己破産は債務整理の方法の一つです。
内容を簡単に言ってしまえば、地方裁判所に破産の申し立てをすることによって、
借金をゼロにしてしまう方法のことです。

 

多額の借金を抱えており、任意整理や民事再生を行っても定職を持っていないために返済が困難な人などは、多くの場合、最終手段として債務整理を使うこととなります。

 

自己破産の特徴

自己破産が他の任意整理や民事再生といった債務整理と明らかに違うことといえば、
それは債務整理を行うに当たって、自分の財産をすべて放棄する必要があるということです。
車や住宅等はもちろんのこと、財産をすべて手放さなければなりません。

 

財産を手放す代わりに借金から解放されるか、
それとも借金にまみれた生活に逆戻りして財産をまもるか、どっちがいいかということです。

 

自己破産は余りにも多額の借金を背負ってどうしようもなくなった事を、法的な力を以って救おうと、国が定めたものであり、救済のためのシステムです。自己破産というシステムを敬遠する風潮がありますが、では逆に自己破産が無かったならばどうなるでしょうか。

 

借金を返済する充ても無いのに日々取り立てや追い込みをかけられます。返済しない事で遅延損害金は膨らんで行き、益々返済困難となります。これが返済完了する日(そんな日は来ませんが)まで続くのです。自己破産はこのように進退窮まった人を救うためのものなのです。

 

自己破産に関する世間の認識

自己破産にはマイナスイメージが付きまといますが、まったく根も葉もない言われ様もしています。例えば自己破産をした人には選挙権が無くなる、戸籍に傷が付く、年金がもらえなくなる、会社を首になるなどなどです。これらは全くの嘘であるにもかかわらず、信じ込んでいる人が大勢います。

 

たしかに車や住宅などといった財産は手放さなければならないものの、下着まで奪われて素っ裸で路上に投げ出されるというような事は無く、生活のために最低限必要なものは保障された上で、その他のすべての財産を手放します。

 

自己破産は人生の終着点ではなく、再出発の地点だからです。再出発のために最低限必要なものは保障されます。自己破産の時点で財産をすでにほとんど手放してしまっている人も多いものですが、そのような人は自己破産の手続きをすぐに終えることができます。そして自己破産後に手に入れた財産に関しては、一切の干渉を受けることはありません。