自己破産の条件と免責について

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

自己破産の条件

免責許可が受けられることが前提条件
自己破産は借金をゼロにすることによって借金地獄から抜け出す方法です。
そのためには、借金の支払をしなくても良いという許可、すなわち免責許可を得なければなりません。
免責許可を受ける見込みが無ければ自己破産をする意味はありません。
しかし、免責許可は誰でも受けられるわけではありません。

 

免責許可について

ではどのような人が免責許可を受けられないのかということですが、例を挙げると浪費癖やギャンブルのためのお金を借りることによって多重債務から借金地獄に陥った人です。

 

このような人には免責許可は下りないこともあります。このあたりの締め付けはある程度厳しくしておかなければ、自己破産というシステムはギャンブルや浪費のためにお金を借りまくって遊びまわり、最後には自己破産をすれば返さなくてよくなるとういうシステムへと堕ちてしまうことでしょう。

 

だれでも免責を受けられるわけではないという事が、自己破産の価値を高めているともいえます。
免責許可を受けられるかどうかは、多重債務によって返済ができなくなった経緯を詳しく調べる事によって、裁判所が決定を下します。自分の借入の状況で免責許可を受けられるかどうかは弁護士が判断してくれるので、まずは弁護士に相談してみるべきです。

 

自己破産の手順

弁護士に相談

まずは弁護士へ相談です。相談の際には債権者一覧表、キャッシングの請求書や取引明細、収入証明書類などを以って行く事によって、スムーズに話をすることができます。

書類の作成

弁護士と面談を行い、弁護士の指示のもと書類を作成します。書類が完成したら自己破産の手続きが開始され、早ければ2ヶ月くらいで破産申し立てが行われます。

 

審査

債務者に特に問題が無ければ、書面の審査のみで破産開始決定が行われます。そのときに資産と呼べるものをほとんど持っておらず、さらに免責不許可事由(過去の借入の理由など)がなければ、免責許可が下ります。この時点で自己破産は成立し、借金はゼロとなります。

 

破産開始決定後に資産を持っていたり、借金の使い道によって免責に問題が生じた場合には、
裁判所が選んだ管財人を通して手続きが進む事となります。