借金の返済に困った時はすぐ相談

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

返済に困ったら迷わず専門家に相談を

債務整理をする場合には、必ず専門家を通して行わなければならないという定めはありませんが、自らに十分な法的知識を持っていなければ個人で進めていくことはまず不可能でしょう。

 

相手は今まで多数の債務整理希望者と渡り合ってきた海千山千の金融業者です。素人が債務整理に乗り出したところで、まともな交渉さえ行えないことは目に見えています。債務整理を行うには、法的な専門知識を持った専門家に相談し、協力してもらって進めましょう。

 

それに、債務整理を考えるほどに切羽詰って悩みも大きな時期に、自分ひとりで正確な判断をして、最もいい方向で整理を進めていくなどというのは不可能な事です。債務整理をするもしないも、ともかく専門家に相談してみる事で、アドバイスをもらうのが道しるべを得るための最も確実な方法です。本格的に債務整理を依頼することになれば当然お金がかかりますが、相談だけであれば無料で対応してくれる事務所もあります。また、土日でも対応してくれるところも多いので、まずは相談してみる事です。

 

どこに相談すれば良いか

相談するときには、必ず複数の事務所を訪ねてみる事です。自動車売却の査定でもそうですが、複数の業者の中から一つに絞って依頼をするときには、複数を比較して最も良いものを選ぶという姿勢が大切です。複数の事務所に対して相談を行い、親身になってくれる専門家や、いいアドバイスをくれる専門家、経験豊富な専門家、料金の安い専門家など、様々な観点から専門家を選びます。

 

 相談の対象となる専門家を具体的に言うならば、弁護士、司法書士、行政書士などがその専門家に当たります。弁護士が法律の専門家であることは分りますが、司法書士や行政書士とは何の専門家かというと、彼らは法律関係の書類作成の専門家です。

 

 料金は高くなるでしょうが、やはり債務整理のような紛争性をもった問題解決の際に最も活躍できるのは弁護士です。司法書士や行政書士も様々な点で協力をしてくれますが、もし裁判になったときに債務者の代理となって裁判に臨む権利が与えられているのは弁護士だけです。弁護士に頼むのが一番安心で安全です。

 

事務所選びの際の注意点

事務所選びの際に注意すべき事は、債務整理のサポートを売りにしている事務所であっても、実際には弁護士資格を持っていない人が経営している事務所もあるとういうことです。このような事務所では、債務整理のためのノウハウを提供したり、アドバイスをくれるというような事しかしてくれません。彼らにいくら法的知識があったとしても、弁護士資格を持っていない以上は、債務者と債権者の間に入って交渉をすることは、弁護士法に抵触するため、できないのです。

 

このような事務所を選んでしまわないために、事務所の売り文句は詳しく見ましょう。もし弁護士資格を持っていなければそれをアピールする事は出来ませんし、逆に弁護士資格を持っていれば、それは必ずアピールされているはずです。弁護士資格についてアピールされていない事務所は相談する価値はほとんどないと思っておきましょう。

 

そして、いざ弁護士を選ぶときには、料金よりも弁護士の実力や実績で依頼する弁護士を決めるべきです。なぜならば、実績の無い弁護士のなかには、金融業者と手を組み、債務者の相談に乗って最善を尽くすふりをしながら、実は業者が有利になるように交渉していくような悪徳弁護士もいるからです。あくまで信用・信頼・実績のある弁護士に依頼するようにすべきです。