民事再生の方法!手順と特徴

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

民事再生での問題解決の手順

民事再生の特徴

民事再生を行うと借金の総額は大幅に軽減され、その金額を3年間かけて支払う事になります。
このことから考えても、最低三年間は継続して収入があり、その収入は減額後の借金の返済に耐えうるだけの収入でなければなりません。この条件さえクリアできるならば、サラリーマンや公務員といった手堅い仕事についている人ではなくとも、たとえばフリーターや自営業者、年金受給者でも民事再生を利用することができます。

 

一般的に行われる民事再生は、小規模民事再生となりますが、
小規模民事再生では住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下であることが条件です。

 

もう一つ民事再生の特徴を述べるならば、民事再生では借金の理由でなんらかの制約を課されるということがないため、もし多額の借金を抱えた理由がギャンブルや浪費といった最悪の理由であったとしても、民事再生を利用することができます。

 

民事再生の手順

弁護士に相談

民事再生の手順の第一歩は、弁護士に相談する事です。相談に行くときには手ぶらではいかず、債権者一覧表、キャッシングの取引履歴や請求書、住宅ローンの詳細、収入証明書類などとなります。これらの書類を集めて相談に行けば、スムーズに話が進み、適切なアドバイスを受けることができます。

 

書類の提出

弁護士に面談をすると、弁護士によってもっとも適切な手段が提案されます。資料を基に、民事再生が適用可能な条件であると判断できれば、民事再生のため、弁護士が地方裁判所に民事再生の申し立ての書類を提出します。この段階で、あらゆる借金の取立てがストップします。(但し、民事再生はあくまでも「住宅ローンを除いた借金を整理するもの」であるため、住宅ローンは整理中の段階でも払い続ける必要があります)

 

再生計画

弁護士との相談の元、再生計画を立てます。整理後の借金の確認、取引開始時期なども考慮に入れ、生活を圧迫せずに確実に返していける計画を立てます。債権の確定が終ったら、債権者に書面にて決議が行われます。その後地方裁判所の認可が下りた時点で、民事再生が成立する事となります。

 

以上のような流れで民事再生は行われます。民事再生が成立したならば、再生計画に基づいて3年間に渡って一定額の返済を行います。途中なにかしらのトラブルがあれば、弁護士に再度サポートを受けることもできます。弁護士と共に立てた返済計画ですから、多くの場合が無理なく3年間で完済できることでしょう。