民事再生の基礎知識

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

民事再生の基礎知識

債務整理には3つの種類があります。「任意整理」、「民事再生」、「自己破産」の3種類です。これらはそれぞれの債務者の考え方次第で、選択も変わってきます。今回は民事再生について解説して行く事としましょう。

 

民事再生とは

民事再生は個人再生という別名も持っています。
任意整理は借金返済の負担を軽くして元金を返済していくという債務整理の方法ですが、任意整理後も返済が困難になるほどの借金を抱えており、尚かつ自己破産はしたくないという場合や、住宅ローンの返済に困っているものの、家を手放さずに生活を立て直したいという人が利用する方法が民事再生です。

 

素早く解決するためには?

文字のとおり再生を目指すわけですが、再生の計画は地方裁判所に民事再生の申し立てをすることで始まります。このときにも法律のプロである弁護士に相談した上で行う事が大切です。弁護士と一緒にやって行く事で、すばやく、正確に解決へと近づいて行く事ができます。

 

民事再生の条件

民事再生を行ったときには、債務整理後にきちんと再生していく必要がありますから、継続して一定の収入を見込む事ができるという条件をクリアしなければ民事再生を行うことはできません。一定額の収入が無ければ債務整理ができないというのは任意整理も同じことですから、債務整理の時点で定まった収入が無い人は、任意整理も民事再生も行う事ができないため、自己破産以外に道はなくなります。

 

住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下であれば、小規模民事再生の対象となり、手続きが簡単になります。また、民事再生を申し立てた人がサラリーマンであった場合には、特例として手続きが簡単になります。

 

民事再生の特徴

民事再生の特徴は、ローンがいまだ残った状態の住宅を手放すことなく、生活の再建、人生の再出発が始められるということです。住宅ローンを除いた借金の利息をカットし、返済額も減らして負担を軽減しながら、生活の建て直しをしていくのです。

 

民事再生では、住宅ローンを除いた借金総額の5分の1を3年間で返済するように定められています。基本的には借金総額が1500〜3000万円の場合には300万円を、3000〜5000万円の場合にはその10分の1の額を3年間で返済して行く事になります。しかし、返済金額は財産によって変わってくるため、弁護士に相談して正確な額を聞いてみるといいと思います。

 

これをきくと、「5分の1の額を3年間で」とか「10分の1の額を3年間で」とかいう言葉が目を引くと思います。それもそのはずで、住宅ローン以外の借金が一気に「5分の1」や「10分の1」に減額されるのですから、生活の再建はそれほど難しく無くなるでしょう。これが民事再生です。

 

民事再生でも弁護士を

民事再生を行うときにも、弁護士に依頼するようにしましょう。弁護士には訴訟代理権があるので、地方裁判所への申し立てや諸々の手続きを行ってもらうことができます。これがメリットです。もし司法書士などに依頼した場合には、司法書士には訴訟代理権がないため、弁護士ほどの活躍は到底望めません。弁護士に相談することで負担は大きく軽減されるでしょう。