キャッシング審査で重視される3つの事

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

審査で重視される内容は?

審査で重視される事の一つに「安定した収入があること」ということがあります。
それでは、業者の言う安定した収入とはどのようなことを言うのでしょうか。
安定した収入を構成する要素は、会社名、勤続年数、年収の3つです。

 

会社名で安定感を測る

名前も聞いたことが無い零細企業であれば、少なくともプラスには働きません。
不景気な昨今、いつリストラや減給の対象となるか分らない上に、会社自体も安定していないかもしれないのです。これでは安定した収入があるとは考えにくい事です。

 

リストラ、減給、倒産、どれも借り入れ希望者を返済困難に陥らせるものだからです。

 

逆に、会社名は大手の名前が挙がればそれだけで大きなプラスポイントとなります。公務員なども安定しているのでプラスです。地元の有力企業などもプラスになります。そのような場所で働いている人はリストラや減給の対象になりにくく、会社の倒産も考えにくいからです。

 

会社名で見たとき、前者は安定した収入があるとはみなされにくく、
後者は安定した収入があるとみなされやすいといえます。

 

勤続年数と年収

勤続年数も重要な指標となります。仮に勤続年数が1年の場合を考えれば、
これはとても安定した収入を得ている人とは捉える事ができません。

 

なぜならば、社会においては1年目などまだまだ試用期間のようなもので、いつ首になるかわからないのです。逆に、勤続年数が5年、10年と長くなってくれば、その会社では戦力となっているでしょう。そうそうクビになることは考えられません。リストラされにくいという事は、安定した収入とみなされます。

 

最後に年収ですが、これも重要です。極端な話しですが、どれだけ勤続年数が長かったとしても、年収が少なければその人の生活は安定しているとは言いがたいものです。年収が審査の要素になるのはこの辺を特に見られています。

 

以上をまとめるならば、業者が是非とも貸したい「安定した収入」のある人の理想像は、
大きな会社に勤めていて、勤続年数が長く、年収の多い人ということになります。