キャッシング審査の基準

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

キャッシングの審査基準

さて、キャッシングの申込み手順が分ったならば、
次に気になるのは自分がキャッシングに通るかどうかという事です。

 

初めてキャッシングをする人は、キャッシングの審査が厳しいものか、そうでないのかも分りませんし、特に急な出費が迫っているときなどは非常に不安を募らせている事でしょう。ここではキャッシングの審査基準について解説していきます。

 

ではキャッシングの申込みを受けた業者では、
何を基準にして貸せるかどうかをきめているのでしょうか。
融資の際の審査にはいくつかの方法があります。いくつかの判断基準を組み合わせて審査を行います。

 

審査の特徴は以下の通りです。

 

属性ポイント制

申込者の属性に点数を加減点していき審査をします。
加減点の対象となるのは勤務形態、職業、住居形態などです。例えば職業が公務員や正社員ならば5点、勤務年数5年以上で3点、勤務年数が1年未満は0点、勤務形態がパートやアルバイトであれば1点、住居形態が持ち家なら3点というふうに点数をつけていき、融資を決定します。

 

最終的に総合ポイントが何点であるかによって契約するかどうか、限度額はいくらまでかなどを判断します。この審査方法で有利となるのは、大企業に勤めていて安定し手いる人や、持ち家に長く住んでいる場合などが有利となります。

 

一般的には自営業よりも会社員のほうが点数は高くなり、賃貸物件に住んでいるよりも持ち家に住んでいたほうが点数が高いです。このように色々な項目に対して採点していき、最終的な点数が20点以上であれば限度額50万円で契約する事が可能であり、総合で30点以上であれば限度額100万円で契約が可能となります。
最終的な総合ポイントにより、契約の可否や、利用限度額を決定する審査方法です。ただし全ての業者がこのポイントや基準で審査をしているわけではありません。

 

属性モデル像

過去の取引データに基づいて、その申込者に一番近いモデルを探し、その属性を調べて判断が行われます。複数の似た人物をモデルにし、それらのモデルがどのような利用履歴や返済状況であるかを調べて、新規利用者がどのような利用方法で利用するのかを調べます。

 

特に消費者金融系の会社に言えることですが、こういった会社は個人の融資に関する膨大な数のデーターを持っています。そのデーターとは、ある収入に対する返済率の割合であったり、勤め先や職業の属性による返済状況、そのほかにも年齢や子供の有無や配偶者の有無などと利用状況に関するデーターです。相関性を見る事で、どのような利用状況になるのかなど全く分らない新規の申込者が、大体このような利用をするだろうということを予測する事ができるのです。

 

これらのデーターのおかげで、個人に対して小口の融資を行う際に、
正確で素早い融資を可能にするのです。

 

キャッシングサイトのホームページに「3秒診断」などというものがありますが、なぜ何も知らない自分の事を3秒程度で判断する事ができるのか疑問に思ったことがある人もいることでしょう。あのスピードの秘訣は、データー抽出のモデルから審査をすることで可能となっているのです。

 

キャッシング各社で審査に通る場合と通らない場合とがあるのは、各社が持っているデータが違うためです。本当は返済能力がある人なのに、抽出されたデーターが利用状況の悪い人であったならば、審査に通らないという事もありえます。

 

信用情報機関を利用

信用情報機関の情報を基にして、他社での利用履歴や事故情報が無いかどうかを調べる事により、申込者が注意すべき人物かどうかを調べます。要はブラックリストに載っていないかどうかというところから調べていくのです。

 

信用情報機関にはいくつかあり、それぞれがデータベース化された情報を持っているといわれます。日本では全国銀行個人信用情報センター、株式会社CIC、日本信用情報機構などが挙げられます。信用情報機関の目的は、消費者の借りすぎを防止するためにあります。全国の金融機関は必ずどこかの信用情報機関に加盟しており、審査の際には申込者の情報を調べています。

 

ではもし事故情報や遅延情報が信用情報機関に記載された場合には、
一生その情報は付いて回るのかというと、そうではありません。
これらの情報は事故や遅延が発生してから5年間ブラックリストとして掲載されます。

 

もし自分がブラックリストに載っているかもしれないと不安になったならば、
信用情報機関に自分の登録内容について確認することができます。

 

以上の事が審査のときに使われる手法となりますが、キャッシング会社では属性モデル像を基本として融資を決定しており、クレジットカード会社ではポイント制を用いて融資を決定する事が多いです。