キャッシング審査に受かる方法

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

キャッシング審査に落ちない為に

キャッシングには審査が有る以上、当然審査に通る人もいれば通らない人もいます。
ということは、審査に不利になる情報や有利になる情報があるということが分ります。
審査に落ちないために、または自分が審査に受かる事ができるかどうか、
キャッシングの審査に有利な条件を確認しておきましょう。

 

審査の情報

キャッシングに限らず、よろずの金融機関というものは、
申込者から提供された情報を、そのまま真実として鵜呑みにするようなことはしません。

 

申込者は融資を申し込む際には個人情報、年収、就職先、他社での利用状況など様々な情報を提供するわけですが、それが真実かどうかの確認が必ず行われます。例えば職場関係の部分では職場への在籍確認を行うことで、本当にその職場に勤めているかどうかの確認が行われます。

 

そのほか他社での利用状況やこれまでの借り入れの履歴、事故情報があるならばその情報も併せて信用情報機関を通して照会されます。それらの確認される情報のなかで、審査に通過するために有利になる情報というのは確実に存在します。

 

以下にどのような情報が有利になるのかを、基本的なことから紹介していきます。

 

審査で有利になる条件とは
自宅に固定電話がある・・・

携帯電話はすぐに電話番号を変えることができるため、それだけでは何かと信用が薄いものです。自宅に固定電話があることは信用される可能性が高くなります。

 

公務員、サラリーマンである事・・・

公務員やサラリーマンは安定しているという意味で有利に働きます。勤務先の会社の規模や勤続年数も重要なことであり、大手企業に長く勤めているのであれば、それだけでかなりの信用を得る事ができるでしょう。逆に日雇い労働者、自営業者、個人事業主などであれば不利に働く傾向があります。

 

居住年数が長い・・・

住居形態が持ち家であれば信用が高くなります。もしくは借家であっても居住年数が長ければ問題ありません。問題なのは引越しを繰り返していたり、居住年数が少ない場合です。

 

過去の借り入れで問題を起こしていない・・・

他社の借り入れをきちんと返済していたり、住宅ローンや自動車ローンに関して遅延することなく返済している人は、返済能力があり、返済の意思も有る人とみなされるため、信用があります。

 

これらの事は審査に有利に働く可能性が最も高いものです。環境的なものが大きいためどうしようもない項目が多いものの、参考にしておくに越した事は無いでしょう。
確かにキャッシングが有利に運ばれる要素を持っているに越した事はありませんが、有利になる条件をもっていなくとも、過去に他の借り入れの遅延などが無ければ融資を受け付けている業者はたくさんあります。新規顧客の獲得という事が、業者にとって非常に大切な事だからです。