キャッシング審査の申告内容

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

審査で気になるところB虚偽申告をしたらどうなる?

平成18年に貸金業法が改正され、総量規制が設けられたことにより、
年収の3分の1以下の額しか借りられなくなりました。年収が高い人は多く借りられるものの、
年収が低い人は少ししか借りられないようになったのです。

 

激増した審査の虚偽申告

このため、審査の際の虚偽申告が非常に増えました。
たとえば、アルバイトで生計を立てているフリーターが、多くのお金が必要となったばかりに、審査の際に正社員であると虚偽申告をし、年収も本当は100万円くらいであるのに300万円などと虚偽申告をすることで、多くの額を借りられるようにするのです。

 

キャッシングの際、50万円以下の融資であれば収入証明書は必要がないため、
収入を偽って借入額を増やす事は可能な事です。

 

立派な犯罪になるうえローンを組めなくなる

しかしながら、これは当然犯罪となります。まず、年収や職業の区分を偽って提出した時点で「詐欺未遂」となり、審査に通った時点で「詐欺」が成立します。また、他の例として、個人事業主が条件がよくなるように所得証明書を偽造して提出したならば、これは「私文書偽造」という罪に該当します。

 

金融業者は、様々なルートから情報を得る事ができます。
もし本気になれば、記載されていることが真実かどうかを確認する事など容易です。

 

もし虚偽申告がばれたならば、信用情報機関の情報に、虚偽申告をしたということが特筆事項として記載されるため、もはやどの金融機関からも相手にされなくなります。融資を受けることも、ローンを組む事もできなくなるでしょう。

 

申告内容は正直にしておき、借りられるだけでも借りたほうが賢いといえます。