キャッシング審査の申し込み手順

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

審査の申し込み手順

キャッシングをするのは簡単なことです。
準備するものにも複雑なものはありませんし、審査自体も大きな問題が無ければ案外通るものです。

 

初めてキャッシングを利用する場合、安定的な職業についている、
持ち家で住宅ローンがない、などという人はほとんどの場合は審査に通ります。

 

初めてキャッシングをする人は無事に借りられるかどうかということばかり気にしますが、そんなことよりも考えるべきことは、自分がキャッシングしようとしているお金は本当にどうしても必要なのか、そして確実に返済できるかどうか、という事でしょう。

 

そして、しっかりと融資先を吟味して、できるだけ有利な条件の業者を選べるかという事も重要です。
また、キャッシングの契約自体にはなんら複雑な事はありませんが、契約の際に発効される契約条件などにはしっかりと目を通しておきましょう。大手だからといって自分が思わぬ勘違いをしている可能性もあるので、一度は読んで確認するクセをつけるべきです。

 

さて、申し込みの手順ですが、キャッシング利用の手順は複雑ではありません。ここで融資までの流れを知っておきましょう。スムーズに融資を受けるために、流れを把握しておくといいでしょう。

 

[申込みの手順]

まず、当然の事ですが、自分にあった条件の融資先を探します。
悪質業者に当たらないために、聞いた事がない名前の業者には手を出さず、
口コミなども参考にしながら選びましょう。あくまで口コミを参考にすることです。

 

ブログなどアフィリエイト収入のために特定の業者を誇張して推薦しているようなものも多く、
あまりためにはなりません。融資先を見つけたら申し込みをします。
ここでは最も簡単なインターネット申し込みの手順を書きます。

 

1、 ホームページ上の申し込みフォームを選択肢、

個人情報その他の必要事項を入力して送信します。

2、 個人情報の確認できる書類を送ります。

運転免許証などを携帯カメラで撮影して送ってもいいでしょう。

3、 申し込み確認メールが来て、電話で本人確認が行われます。
4、 審査が始まります。30分ほど審査結果を待ちます。
5、 申し込みの時間帯にもよりますが、申し込みの時間が早ければ当日、

遅ければ翌日に審査結果の報告があります。

6、 審査に通れば、指定の口座にお金が振り込まれます。
7、後日、キャッシュカードが届きます。

次回からはこのカードを使ってATMで取引ができるようになります。

 

キャッシングは以上のような流れで行われます。

 

キャッシングの注意点

このように申し込みから実際に融資が行われるまでは難しい事はありません。
しかし、キャッシングにも注意があります。それは申込みブラックに注意すべきということです。

 

融資を受けるとき、確実に融資を受けたいと思うばかりに、一度に何件ものキャッシングに申込みをしてしまう人がいますが、これはやってはならない事です。なぜならば、ローンやキャッシングを申込みしたら、申し込んだ履歴は全て信用情報機関の個人信用情報センターにブラックリストとして記録されるからです。

 

ブラックリストとは、一定期間支払いが遅れていたり、審査の際に虚偽申告をしたり、普段余りしない行動をしている人が、要注意人物として掲載される事です。事故情報やネガティブ情報と呼ばれる事もあります。一気に何件もの業者に申込みをするというのは普通ではあまり行われない行動ですから、要注意人物と認識されてしまうのです。

 

キャッシングを申し込んだときには、受け付けた金融機関はその人物が貸しても大丈夫な人間かどうかを判断するために、ブラックリストに載っていないかどうかを信用情報機関に問い合わせて審査するのです。最新の申込みもすぐに確認します。このため、申込みブラックになると借りられなくなるのです。
キャッシングの際にはこうした注意点を踏まえながら、正しい手順で申し込みましょう。