任意整理の条件と手順

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

任意整理を始める前に

任意整理の前提条件

これまで述べてきたとおり、任意整理をすることで利息のカットや返済金の調整を行い、また過払い金があった場合には請求して元金に充当する事によって借金の総額を減らすことができます。

 

債務者は借金地獄にあえいでいたときとは打って変わって、無理の無い返済プランで徐々に返済して行く事ができるようになります。ただし、任意整理を行うことで元金を少しずつ支払っていくのですから、その間は定期的に収入があり、返済を遅らせない事が最低限守られるべき条件となります。

 

定期的な収入があるということは、必ずしも正社員のサラリーマンなどを指すのではなく、あくまで「定期的な収入」があれば大丈夫です。つまり、年金受給者やフリーターのでも定期的な収入があるため、任意整理を行う事ができるということです。定期的に収入が無い場合には任意整理は選択することはできず、自己破産以外の選択肢はなくなります。

 

任意整理の手順

弁護士に相談

任意整理の第一歩は弁護士への相談です。専門家への相談なくして債務整理はほぼ不可能なので、まずは弁護士へ相談しましょう。相談に行くときには手ぶらでいっても相談は受けられるでしょうが、もっと具体的に話を進めるためにも債権者一覧表を持っていくと良いでしょう。債権者一覧表とは、どの業者からいくらほど借りているかをリストアップしたもので、借入先の住所、連絡先、借入額、取引開始年月をまとめたものです。このほかに用意しておけば役に立つ書類としては、消費者金融との取引明細書や請求書、収入を証明できる書類があれば尚具体的な話ができるでしょう。

 

取り立てのストップ

弁護士と面談し、債務整理をすべきというアドバイスを受けたならば、即刻債務整理に踏み切りましょう。専門家が債務整理を行わずとも返済していけると後押ししてくれたならばまだ良いですが、専門家からもう無理ですと言われているのですから、受け入れるほかありません。任意整理をすると決まったならば、弁護士は業者に対して受任通知を送り、取立ては全てストップします。

 

過払い金の有無

そこからは債務者は弁護士に交渉を委任します。弁護士は最初の仕事として、債務者が対象の業者と取引を開始してから現在に至るまでの全ての支払明細書を開示する事を業者に請求します。開示された情報に基づいて、利息制限法に則った支払が行われていたかどうかを調べます。それを調べる事によって、過払い金があるかどうかを調べるのです。そして過払い金があった場合には請求します。

 

借金返済計画

残った借金を整理し、その借金をどのように支払っていくかを、業者と交渉します。事前にどのような形で支払っていくかは、債務者の生活の状態を考慮して、債務者と弁護士との間で話し合っているので、弁護士は出来るかぎり債務者の希望する条件で和解が成立するように交渉を進めていきます。

 

契約成立

和解が成立したならば、和解契約書を交わし、その契約に基づいた返済計画に沿って、無理の無い返済が始まります。返済開始後にも何らかのトラブルがあった場合には、弁護士は再度サポートをしてくれます。

 

以上が任意整理の流れです。見れば分りますが、ほとんどは弁護士の仕事であり、債務者はあまり動かなくていいのです。弁護士に依頼することで、思っているよりもずっと簡単に行う事ができたと実感するはずです。こんな事ならばもっと早く相談しておけばよかったとさえ思うかもしれません。