任意整理のメリット・デメリット

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

任意整理のメリット・デメリット

ここで任意整理をすることのメリットとデメリットを整理しておきましょう。

 

任意整理のメリット

まずメリットですが、メリットは言うまでもなく
生活に支障をきたさないレベルにまで負担を軽減できるという事です。

 

これまで述べてきた中で登場したメリットは利息がカットされること、月々の返済額が生活に支障をきたさない額に引き下げられる事、今まで支払ってきた過払い金を請求して返済に充てる事で元金を大きく減らせることなどを挙げてきました。

 

取引年数による効果の違いにも注目

任意整理の対象とする業者との交渉が5年以上にわたっている場合には、
50万円の残高がゼロになる事もあります。

 

業者との取引が長いほど過払い金を請求できる確率は高くなり、7年を過ぎていればかなりの高確率で過払い金請求ができるようになります。このように、取引の継続年数が長くなれば任意整理の影響を及ぼす範囲は拡大していきます。

 

もし同一業者と5年以上の取引があり、生活を圧迫されているようであれば、まず任意整理を考えるべきです。 そのほかにも、金銭的な面ではないのですが、任意整理は公的機関を通さずに「任意で」行う債務整理であるため、資料収集などの必要が無く、手続きが比較的簡単であることもメリットとしてあげる事ができます。さらには官報に載らないため、人に債務整理をした事が知られないという事もメリットの一つです。複数の業者と取引が有る場合、高金利の業者など、返済を困難にしている業者のみを対象として任意整理を行うこともできます。

 

任意整理のデメリット

 一方、デメリットもあります。
それは、任意整理をしたという情報が信用情報機関に載るため、
任意整理後の7年間は全ての借入ができなくなります。ブラックリストになるということです。

 

ブラックリストになるということに過剰に反応する人もいるかもしれませんが、本当にどうしようもないところにまで追い込まれているにもかかわらず、ブラックリストに載ることを嫌ってその後も延々と借金地獄を味わいますか?それともその苦しみから解放される代わりに7年間ブラックリストに載りますか?どちらを選ぶかは債務者次第です。

 

任意整理の目的は、借金総額を減らし、利子をカットして返済の負担を軽減する事が目的であり、任意整理の後に残る元金に関しては、生活に支障をきたさない範囲内で返済していく必要があります。もし今抱えている借金をどうしても全くのゼロにしてしまいたいと考えている人にとっては不向きな債務整理といえます。