キャッシングとの付き合い方

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

キャッシングは慎重に

人生において、急にまとまったお金が必要となるタイミングは誰にでもあるものです。
そんな時、自分にお金を準備する財力がなかった場合にはどうするかといえば、借りてお金を用意することになります。親や親類、あるいは信頼できる知人から借りる事ができればいいのですが、まとまったお金となると頼みにくいものですし、お金の問題は信頼関係を容易に壊す破壊力を持ったものですから、できれば頼りたくないものです。

 

そのようなときに頭に浮かぶのは、金融機関から借りるという事です。
いわゆる「キャッシング」というシステムの利用を考えるのです。

 

しかし、こちらには親や知人から借りるのとはまた別の怖さが付きまとうものです。人生において、金銭的な失敗をして身を滅ぼす人というのは、借金を抱える事によって失敗しているケースが非常に多いため、自分もそうなってしまうのではないか、という心配が胸をよぎるのです。

 

キャッシングに付きまとうイメージ

また、そのことがあるせいか、
世間一般でのキャッシングに対するイメージというものも決していいものではありません。

 

真偽は別としておいて、一般的に抱かれているキャッシングのイメージというものは、金利が高く返済が困難であり、返済困難となり支払いが滞ると日を追って雪だるま式に膨れ上がっていき、最終的にはどうしようもなくなり、強面の取立て業者から追い込みをかけられ、まともな社会生活を送る事ができなくなる、といったイメージを抱いています。

 

このイメージは正しいのか、誤りなのかを考えれば、半分は正解であり、半分は誤りです。
キャッシングは使いようによって善にもなり悪にもなる、諸刃の剣なのです。

 

キャッシングの善の部分を享受できる人というのは、借り入れをして急な出費に対応するという恩恵を受けるだけではなく、きちんとした返済計画のもとに借り入れをする人です。

 

例えば「毎月○万円ずつ返済していき、□ヶ月で完済する」
という計画を立てて借り入れをし、実際にその計画を実践していける人です。

 

逆にキャッシングの悪の部分に呑まれてしまう人は、借り入れをして急な出費に対応するという恩恵を受けたものの、毎月いくらずつ返済していけば無理なく完済できるか、といったことを事前に考えずに借り入れる人です。このような人に限って安易に追加の融資を受けたり、毎月の最低返済額をかえしていけば、いつかは完済するだろう、くらいにしか考えていないのです。

 

このような人はキャッシングの悪の部分に呑まれて当然です。

 

キャッシングは善か悪か

キャッシングは善か悪か?と問われたならば、それは利用する人次第である、と答えるほかありまん。

 

キャッシングを考えたときには、果たして自分はキャッシングと上手く付き合っていけるタイプかどうかということをよく考え、金銭管理が苦手とか、浪費癖があるなどというタイプであるならば、キャッシングは利用しないほうが無難でしょう。

 

計画性に優れており、返済していく力があると思うならば、
ぜひキャッシングといい付き合いをしていけばいいと思います。