キャッシングのデメリット

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

キャッシングのデメリットとは?

キャッシングのデメリットを考えたとき、
多くの人が「利息が高いため、借り入れが長期にわたった場合には支払い総額が容易に膨らむ」
という事を挙げます。たしかにこれはデメリットといえる部分です。

 

キャッシングの返済方式には、多くの場合「残高スライドリボルビング方式」を採用しています。この方法では毎月の返済の負担は軽くなりますが、返済期間は長くなります。金融業者は利息で儲けているため、できるだけ長期間貸し付けておきたいのです。利子は日割りですから、借りている期間が長くなればなるほど支払い総額は大きくなります。

 

しかし、本来キャッシングというものは、計画性を持って短期間で返済していくものだということ前提とするならば、これは真のデメリットには当たりません。

 

キャッシングの真のデメリット

キャッシングの真の恐ろしさは「借金が膨らむことによって返済困難となり、生活に支障をきたす」ことなのです。なぜ借金が膨らむのかといえば、キャッシングというものは審査に通りさえすれば簡単に融資を受けてしまうことができるため、金銭感覚を狂わせる危険性を持っているということです。

 

当初は急な出費のためにやむなくキャッシングをしたはずだったのに、いつの間にか無駄遣いや衝動買いのために融資を受けてしまったり、借金返済のために融資を受けて多重債務に陥ったりすることがあるのです。つまり、キャッシングの真のデメリットは「簡単にお金を借りられる環境を作ってしまう事」なのです。

 

もし借り入れを繰り返して返済困難となり、借金返済のための借金をし始めたならば、これは危険な事です。多重債務に陥ったならば普通の消費者金融では融資を受けることができなくなるため、違法な営業をしている闇金融業者に手を出してしまう事にもなりかねません。

 

これらを題材にした漫画などを見れば、闇金融業者は違法な金利で貸し付け、取立てや追い込みが非常に厳しい様が描かれていますが、あの漫画の世界さながらのことが現実に起こることとなります。そのようになってしまえば、もはやまともに生活を送る事はできなくなってしまうでしょう。

 

多重債務だけはなんとしても避ける

キャッシングの種類には消費者金融系、銀行系、信販系がありますが、これらのいずれもが、よほど大きな問題を抱えている人でなければ、2件目の融資の申し込みであっても融資を受け付けています。

 

このため、キャッシングの手軽さから1件目で借り入れすぎ、返済が厳しくなった人が2件目の借入先を作る事によって、「借金返済のための借金ができる環境」を作ってしまう事があります。借金で身を滅ぼす人のほとんどは、この多重債務によって失敗を招いています。2件目の融資先を作った時点で、多重債務の入口に立っているということを知らなければなりません。

 

借金返済のために借金をするのは、負のスパイラルです。当然元金は膨らみますし、元金が膨らめば金利の増加率も上がります。そして借り入れ件数が多くなる事で借り入れの条件は悪くなり、最悪の場合には闇金融業者から借りてしまうのです。ここまできたならば、最早まともな社会生活は困難となり、最終手段として債務整理を行うほかなくなるでしょう。

 

キャッシングのデメリットは、自分の収入をよく考えて借り入れをしなければ、返済困難に陥ってしまう事にあります。キャッシングで失敗する人の多くは、給料で返済できない金額のお金を借り入れてしまい、多重債務に陥り、自己破産などの道を歩んでいくのです。