ブラックリストとは?

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

ブラックリストの仕組み

ブラックリストとは、債務者が債権者に対して問題行動を取ったときに、
信用情報機関で要注意人物として扱われる事を言います。ブ
ラックリストに載ったならば、キャッシングを行ったり、ローンを組んだりすることが難しくなります。

 

債務者のどのような行為が債権者に対する問題行動になるのかといえば、例えば借金の返済が長期にわたって遅延したり、あるいは頻繁に遅延したり、借金返済が困難となって債務整理をすることで、債権者とトラブルを起こした場合にブラックリストとして信用情報機関に載る事になるのです。

 

ブラックリストの仕組み

実は、金融業者に融資の申込みをしたとき、
信用調査会社に対して情報公開を認めるという内容に同意する必要があります。

 

書面をきちんと読まないため、なにも分らずに同意している人が多いと思いますが、これは結局どういうことかというと、「あなたが何か問題を起こしたときには全部信用情報機関に情報が流れるけどいいですか?」ということに対して同意したということになるのです。

 

そしてその人がローンやキャッシングの申込みをするときにはそれらの情報がいつでも業者から閲覧できるようになるのです。ブラックリストに載った人が新たな借り入れを行う事ができないのはこういう理由なのです。借金をたびたび遅らせるような払いの悪い人にお金を貸したいと思う業者はいません。

 

また、債務整理を起こしてトラブルを引き起こすような人と融資の契約を結びたいとは思いません。
頻繁に遅延をしたり、複数借入をしているうちのどれか1社でも返済困難になったならば、その情報は金融業者間で共有されます。その結果、契約を破棄されたり、一括返済を求められたりする事となります。

 

ブラックリストに載らないように

借金をしたときには、できるだけ早い段階で、最低でも期日までに支払をしなければなりません。
ブラックリストに載ってしまえば、人生の色々なところで不便になってしまいます。

 

一昔前までは銀行系、信販系、消費者金融系などのそれぞれの系統間では情報の共有が行われて居らず、消費者金融系でブラックリストに載っても、信販系ではブラックリストの情報が流れていないため、新たなキャッシングができるという時代もありました。

 

しかし最近では各系統の親会社が共通の銀行になるような場合も多いため、情報の共有が行われている可能性も十分にあります。つまり、消費者金融でブラックリストに載ってしまった事によって、クレジットカードの取引や銀行取引も満足にできなくなってしまうかもしれないのです。

 

ブラックリストに載る事は避けるべきです。
一旦ブラックリストに載ったならば、記載されている7年間は借入やローンを組む事ができなくなります。
クレジットカードも利用できなくなり、非常に不便になってしまいます。