債務整理の基礎知識

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

借金を返せなくなったら債務整理

金銭感覚が麻痺している人、金銭管理が苦手な人、返済計画を立てられない人などが借金を抱えたとき、さまざまな理由から(多くは返済のために借入を起こす「自転車操業」を理由として)多重債務に陥る事があります。

 

多重債務に陥った場合には、解決の方法としてローンの一本化が考えられますが、一本化のための低金利で大口の融資先の審査は厳しいため、審査に通らない多重債務者も少なくありません。では、返済もできず、返済のための方策も全て絶たれてしまったときにはどうすればいいのでしょうか。

 

返済をサポートしてくれる債務整理

この段階で、もうどうしようもなくなってしまったという絶望感から、死を選ぶ人も少なくありません。事実、日本で自殺する人の大部分を占める自殺にいたる理由は「経済困難」なのです。確かに強い絶望感や虚無感に襲われるあまり、自殺に踏み切る心理もわからないではありません。

 

しかし、一呼吸置いて冷静に考えてください。日本では借金を抱えすぎてしまった人を救済するシステムがあるのです。それは「債務整理」というものです。

 

「債務整理」は、いわゆる「破産」といわれるものです。破産というとネガティブなイメージが付きまといます。それは破産するということは金銭管理が出来ていない、恥ずかしいことだというイメージや、借りたお金を返さない無責任さの象徴のように考える風潮があるからです。これは日本人の勤勉さや律儀さからくるイメージだと思います。しかし、ネガティブに捉える必要はありません。債務整理をするということは「多額の借金から救われることで、人生の再出発を期すること」という風に前向きに捉えましょう。

 

債務整理の種類

借金の返済が困難になったから債務整理をするとなったとき、破産する以外に道が無いのかといえばそうではありません。たしかに債務整理=破産というイメージが強いかもしれませんが、他にも道はあります。

 

例えば自己破産をすれば全てを白紙に戻すため、住宅や様々な財産を手放す必要があります。しかし、住宅は手離したくないと思う人もいるでしょうし、自己破産は全ての借金をチャラにすることですが、そこまでせずに元金だけは返していきたいと思うような場合には、自己破産以外にも道はあります。

 

上述の通り、債務整理とは「多額の借金を負って苦しむ人の借金を法的に見直し、法的な補助によって無理の無い生活を送るようにする」というものです。再出発を法的に支援するシステムです。

 

3つの債務整理の方法

そのため、債務整理の種類としても、「任意整理」「民事再生」「自己破産」などの方法が用意されています。自分の借入状況と債務整理後の再スタートのラインをどこに引くのかということを考えて、この3つの中から債務整理の方法を選びます。

 

借入状況と再スタートのラインを考え、借金も財産も全てをゼロにして再出発したい人は「自己破産」の道を選び、時間をかけても元金だけでも返済したい人は「任意整理」の道を選び、家などの財産は保持したまま債務整理をしたい人は「民事再生」の道を選ぶという風に、それぞれの考え方に適した債務整理を行って行く事となります。

 

債務整理のときには過払い金もチェック

また、借金返済のときには、知らないうちに本来支払わなくてもいいお金を支払っている事が多いものです。一般の人は正当な額の支払になっているかとわざわざ計算して確かめたりはしないものです。

 

このため、本来支払うべき利息以上の利息を取られている事があります。
これは不当に取られたお金ですので、利息制限法という法律に基づいて取り返すことができます。この不当に取られた利息の事を「過払い金」といいます。借金整理のTVCMなどではおなじみのフレーズなので、聞いたことが有る人も多いかとおもいます。

 

長年にわたって返済を続けていた場合には、長年にわたって過払いを続けてきた可能性もあるため、過払い金請求によって多額のお金が返ってくることもあるものです。そして、このお金は本来返済に使うこともできたお金だという解釈から、借金を大幅に減らすこともできます。債務整理をするときには、相談する弁護士などの専門家に、過払い金のことも尋ねてみましょう。毎月の返済の明細書などを見せる事で過払い金が発覚する事がよくあるのです。