過払い金の基礎知識

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

過払い金とは

借金整理を売り込む法律事務所のCMなどを見ると、
「過払い金」というフレーズが出てくるので、この言葉を耳にした事が有る人は多いでしょう。
過払い金を一言で説明するならば「金融業者に余計に支払ったお金」のことです。

 

払う必要のない金利

貸金業者のなかには、課す事のできる金利は法律(利息制限法)で定められているにも関らず、その定め以上の金利を設定してお金を課している業者もいます。この多く支払った利息から本来支払うべきだった利息を指し引いた金額は、本来支払う必要の無かったお金であるため、返すように請求する事ができます。その業者との取引期間が長かった場合には、大きな額が返還されるかもしれません。この返還請求は法律に基づいて取り返すことができるので、弁護士を通して行うのがもっとも間違いの無い方法です。

過払い金のカラクリ

過払い金は、貸金業者が消費者に対して課す金利が、
利息制限法で定められている金利よりも高い事から、その差額が過払い金となって現れるのです。
消費者は確かに多く支払っているものの、多くの人が気付かずに支払い続けています。もしあなたが融資を受けたとき、利息が高いと感じたときには、きちんと利息制限法上での金利が守られているかどうかを計算してみたほうが良いでしょう。

 

利息制限法の定めよりも高い金利とは何%かというと、29.2%に設定されている事が多いです。
これは出資法という法律で定められた上限のラインです。利息制限法では定められた利息を超過していても借りる側がその金利を返済していれば同意したものとみなされ、罰則規定は無いものの、出資法の29.2%を越えた貸付をすると刑事事件に発展します。

 

つまり貸金業者は利息制限法以上出資法未満の範囲で勝負しているわけです。

 

本来の利息制限法

しかし本来の利息であるべき利息制限法では、
10万円未満の貸付で20%、
100万円未満の貸付で18%、
100万円以上の貸付で15%
という利率の定めがあるため、本来はこれ以上の金利を支払う必要はありません。

 

しかし出資法との金利の差を見てみれば最大で14,2%もの差が生じているため、長期間にわたって出資法での金利で返済を続けていけば、莫大な過払い金が生じるという事が分ります。

 

法律に正しく基づいた考え方として、利息制限法以上の利息を支払う必要はありません。実際に支払った利息から本来支払うべき利息を差し引いた額を請求する事ができます。そして戻ってきた過払い金は、本来元金の返済に使うこともできたお金なので、過払い金の全てを元金の返済に充てる事で、借金を大幅に減らすことも可能なのです。

 

ちなみに、出資法と利息制限法との利率の差の部分を「グレーゾーン金利」と呼んでいます。グレーゾーン金利はキャッシングを語る際には常に問題視されるところで、グレーゾーン金利にあたる部分の支払は本来しなくてもいい支払なので、取り返すことが可能なのです。