過払い金請求のポイント

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

過払い金請求は弁護士に頼む

過払い金請求の際には、個人的におこなってはならないなどという定めはないものの、
弁護士や司法書士に依頼して行われるのが一般的です。

 

弁護士と司法書士ならどっちに頼るべき?

そして、弁護士と司法書士のどちらに頼むべきかということですが、
これは弁護士に依頼するとまず間違いないでしょう。

 

司法書士にも過払い金請求を行う能力はあるものの、司法書士には140万円を越える案件を処理する能力がなく、さらに地方裁判所に過払い金返還訴訟を起こすことになったときも、弁護士でなければ法廷で代理人を努める事ができないのです。

 

総合的に見て弁護士のほうが優れていますので、弁護士に依頼するのが良いでしょう。
弁護士に依頼した場合には、依頼したときから解決に至るまで、最初から最後まで債務者の代理人として働いてくれるので、法的な知識の無い一般人にとっては非常にありがたい存在となります。

 

また、弁護士を通して過払い金の請求が始まったならば、
そのときから借金の取立てもストップするため、これもありがたいことです。

 

個人で行わない

もし専門家をとおして過払い金請求をせず、お金の節約と思って個人で過払い金を請求したならば、
過払い金を取り戻す事は非常に難しくなるでしょう。

 

こちらは一般人であるのに対し、相手は熟練の金融業者です。

 

こちらが過払い金に関する知識をつけて臨んだところで所詮付け焼刃でしかなく、債務者が上手く過払い金を取り戻せる可能性は低いでしょう。少々依頼にお金がかかっても、過払い金を取り戻す事ができれば元は取れるので、専門家を代理人のするほうがスムーズに進みます。

 

 また、弁護士の腕によって、過払い金がいくら帰ってくるかが変わることもあります。
そのため、経験の浅い弁護士に頼むのではなく、経験豊富な弁護士に依頼したほうが良いでしょう。