過払い請求の手順とは

お金の問題解決します!キャッシング&借金返済方法の手引き

MENU

過払い金請求の手順

もしあなたが特定の業者との取引が長年続いているならば考えなければならないのは利息の払いすぎです。普通に支払っていればもう完済できているはずなのになかなか元金が減っていかない・・・そう思ったことがあるならば利息の計算をして見ましょう。

 

実際に計算して見なければわからないことではありますが、一度まとまった融資をうけ、追加の借入をしないまま返済を続けていったにもかかわらず、5年以上にわたって返済が続いているならば、過払い金が発生している可能性が高くなります。

 

7年以上も取引が続いているならば、ほぼ間違いなく過払いが発生している事でしょう。利息が高いゆえになかなか元金が減らず、そのように長い期間にわたって取引が続いている状況となっているのです。また、すでに完済した人でも、過去に長期間にわたって返済を続けていたならば、過払い金が発生していた可能性があるので調べてみると良いでしょう。

 

早めに手を打ちましょう

このような状況になっているならば、すぐに過払い金が無いか分析し、過払い金を発見したならば過払い金請求をしましょう。5年や7年以上にわたって過払いを続けていたのであれば、大きな金額になっているはずです。また、そこで過払い金請求に踏み切らなければ、それ以降も過払い金を支払い続ける事になるので、その時点で手を打つべきです。

 

過払い金請求の手順

まずは弁護士に相談しましょう

相談する際にはキャッシングの請求書や取引明細書などの、どれくらいの借入があって、毎月どれくらいを利息分として支払っているかを確認できる資料をそろえて相談に行きましょう。その資料を基にして分析し、過払い金が発生している可能性が見られたならば、弁護士に正式に依頼をしましょう。

取り立て・支払いのストップ

依頼をすると、弁護士は債権者に受任通知を送り、債務者に対する借金の取立てと支払はストップします。過払い金請求の期間は、業者は債務者に対して一切の取立てを行いことができなくなります。

取引明細の開示

弁護士は過払い金が発生している疑いの有る業者に対して、今までの取引明細の開示を要求します。この資料にはいつにいくら借り入れをし、いつにいくら返済したかということが事細かに載っているため、これを調べる事でいくらの利息で返済が行われていたかを知ることができます。知りえた利息が利息制限法以上の利息に設定されていたならば、そして合計いくらの過払い金が発生しているかを知ることができるのです。

返還請求

過払い金の計算を終えたら、弁護士は債権者に対して過払い金の返還請求をします。債権者から返還の約束を取り付けたならば、返還の期日と金額を細かく決め、和解条約を結びます。そして期日までに返還が行われます。

不当利益返還請求

もし業者が取引明細を開示しなかったり、返還請求に応じなかったり、定めた返還の期日を過ぎても返還がなされなかった場合には、不当利益返還請求訴訟を起こすことになります。この際にも、弁護士が代理人として争ってくれます。